スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年目SE、プロマネやります。(6話) 

前回までのあらすじ:
概要設計書を作りました。が、どうも気に食わない。
まとまりがないまとまりがないと考えてるうちに見つけたものは?




「んー、これっていくつかにまとまるかなぁ」

思いついた順に列挙してたせいで最初は気づかなかったことである。
よく見れば、5つくらいのカテゴリにまとめることができそうだ。

サービスの核になる、ダウンロード・アップロード。
その他のウェブ上でのサービス。
管理者だけが利用するバックエンドの機能。
ログインなどの認証認可。

こんなところでまとめると、全体の見た目もすっきりしそうである。

早速やってみると、読みやすさはかなりあがった気がする。

物事をまとめるっていうのは、思った以上に大事のようである。

続きます!

※裏話、私見については続きを読むにて。




というわけで、ですね。
お待たせしました。第六話。
概要設計のお話。後編。

まぁ、引っ張るほどのことでもなかったんですが。

SEにも国語力って必要ですよね、と言いたくて引っ張ってみました。

高校の頃は、理科が嫌いだから文系に、国語が嫌いだから理系に、なんてノリで進路選択してた人が多かったように思います。
僕もその一人で、物理と化学をやりたくないばかりに文系を選択しています。

けれど、社会人になってもそれが通じるかというと、そうでもなかったですね。

SEって理系の職業のイメージがとても強いですが、国語はむしろできたほうがいい教科だったようです。
ドキュメントはほかならぬ日本語で書きます。
相手への意思疎通もまたほかならぬ日本語です。
相手に納得させるためには、言葉を使わなくてはなりません。

相手に伝えるうえで効果的な言葉は何なのか。
そういうことはできる限り考慮しながらドキュメントは作りたいですね。

(現時点で書いているこの記事が、本当に伝わるのかどうかは別問題ですw)
スポンサーサイト

コメント

かなりありますよね。
多分、特殊な用語もあるかと。

最近気になるのは、
~という認識とか、
文言(もんごん)とか、
日常生活では使わなさそうなものが。

文言って使います?ぶんげんっていいそうですが(笑)
単に文字列のことを指すのですが、
例えば「仕様書のxxxっていう文言は気に入らないな」
というように、気に入らないとか否定するような雰囲気で使います(笑)

「この文言いいよね!」
ってようには余り使わないっすね。
どうでもいいですね(笑)


仕事は、紙と活字があって、
それを人間で補う感じがしますね。
でも、実際は人間が補う方の割が少ないように思えるのに、
仕事として何かを感じるのは話したり、打ち合わせしたりでしか感じられないなあと思ってます。

そこらへんは面白いですね

>hirohiroさん
認識、文言。
確かにかなり使ってますね(笑)

あとは拡散とか、横展開とか。
なんていうか、戦場っぽいというか軍隊っぽいというかみたいな言葉が多い気がするのは気のせいでしょうか。

個人的には、作業しているときは仕事のやり方、話しているときは仕事の考え方で何かを感じます。
よく見れば、今回のはやり方のほうでしたね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/76-8bfe8beb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。