スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年の耐久性どころかね 

ガイアの夜明けを久しぶりに見ました。

テーマは「100年マンションを目指せ ~永住時代の開発戦争~」。

確かに日本のマンションって40年弱で寿命だよねー、と思いつつ見てました。

で、なぜか思ったのはプログラムのこと。

あれも、作成当初は長持ちさせるつもりで作ったはずなのに、
気がつけば、わりと短命だよなぁ、と思ってみる。

今、自分がやってる仕事が、2001年くらいに動き出した
webサービスの再構築だからでしょうかね。

100年どころか10年だって持つものは少ないってのも、
ちょっとさびしい話です。

10年持つアプリとその製法なんて、うまいことできないもんですかね。

できれば、作る側にも使う側にもメリットはあるかと思うんだけどなぁ。

ちなみに、今日の番組内容は以下から。
日経スペシャル ガイアの夜明け

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/72-3ef41b87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。