スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年目SE、プロマネやります。(4話) 

前回のあらすじ:
開発環境の選択、その1。
RubyとRuby on Railsを知りました。




 Ruby on Rails(ルビーオンレイルズ:RoRと略されることもある)は圧倒的な開発効率を誇るWebアプリケーション開発のためのWebフレームワークです。Railsの用意した道のりに沿って開発することで、短時間で高機能なWebアプリケーションを構築することができます。
WebプログラマはRailsに乗るべきか? - @IT

(※太字は僕がつけました。)

読めば読むほど、これしかない、と思わされた。

短時間で高機能。
Javaで言うところのStrutsとHibernateとSpringを組み合わせたようなフレームワーク。
XMLがいらない。
すぐにコツが把握できる。

その殺し文句に見事にやられっぱなしだった。
これならば、オブジェクト指向のプログラミング経験がない友人と一緒に開発してもイケる気がする(注1)。

問題は、僕自身もRubyはやったことがないので、言語については勉強する、ということくらい。
幸いにして、Javaで、Struts、Springは実戦で使ったことがある。
Hibernateはやったことはないけれど、Hibernateがカバーする「O/Rマッピング」の概念は、同じく実開発で経験済みだ。

もはや予想は確信。
あとは、方針さえ固まれば、多分友人も納得してくれるだろう。
そう思い、今度はRuby on Rails本家を見てみることにした。

Railsに必要なのは、サーバーはApache(もしくはlighttpd)、DBはMySQL(PostgreやOracleもOK)、そして言語としてRuby。
サーバーやDBに関しては、ずいぶんと選択肢はあるようである。
サーバーはやっぱりよくわかってないので、後で精査は必要だと思いつつ、とりあえずApacheを記憶に入れておく。
DBは、Oracleは今まで使ってて使いやすいけど、無料ではないので却下。
脳内の知名度で、MySQLでいいんじゃない? と安易な気持ちで決定した。

あとは……、と思ったところで、ふと「ScreenCast」なる文字が目に留まった。

「15分で作るブログ」
「FlickrAPIを使ったアプリ(5分)」
(※それぞれ本当は英語です。意訳なのであしからず)

なかなかのうたい文句。
なんとはなしにクリックしてみることにした。
この後、僕も、後日それを見た友人も、これでRuby on Railsでの本気の開発を即決することになるとは、夢にも思わなかった。

続きます!

注1:一緒に開発することになっている友人(クライアントでもあり)。手続き言語についてはちょっと知識があるんだそうです。

※裏話・私見については続きを読むにて。




はい、というわけで、第四話。
開発環境に関するお話、その2。

ようやっと、具体的な開発環境を決定しました。
Apache(仮) + MySQL + Ruby on Railsです。

今回の開発環境には、僕の脳内でいくつか条件を出していました。
① 開発に会社ほど時間がかからないこと(会社みたいにまとまった時間はそうはないため)。
② 言語は選ばないけど、使う技術の概念がある程度想像がつくこと(まったく新しいとつらいので)。
③ 現時点で参考できるのはウェブ・書籍オンリーなので、ドキュメントが豊富に手に入ること(ある程度有名なオープンソース辺りならなお望ましい)(会社には内緒なので)。
④ すべての環境が無料で手に入ること(最重要)。

こう見返してみると、やっぱりRailsは条件をいい具合に満たしているように見えますね。
おそらく、本来の開発でも、こういった条件というものは誰かの頭の中にはあるんじゃないでしょうか。
たとえば、会社の意向とか言う人の中にとかさ。笑。

なんだかエントリーがだんだん長文になってきた気がします。
もうちょっとコンパクトにまとめたいものですが、いやはや。

さて、次回。
概要設計と開発環境インストール。若干のマルチタスク発生です。
スポンサーサイト

コメント

おーすすんでますな。

こちらはちっと、ASP.NETで遊ぼうかなというところで、ルビーとは縁遠いですが、機会を見て使いたいものです。

ika_sukeです。
覚えていらっしゃいますか??(^^;;

普段Webアプリを開発するような仕事を全くやっていないんですが、自分でやってみようと思いたったとき、タダで試せるっていうのはものすごく重要(むしろ必須)ですよね。。

また続編を見にきますね。

>hirohiroさん
テキスト上ではゆっくりとですが、前に進んでおります。
……なんて言うと、現実では進んでるかのように見えるのですが、実際m……げふんげふん。

ASP.netですかー。言葉ではどこかで聞いたような、だったので、さわりだけ調べてみましたがこちらもこちらで興味深そうなネタですね。

>ika_sukeさん
もちろん覚えておりますとも!
コメントありがとうございます☆

本当元手がなくても(っても、最低限PCとかは必要ですが)、いろいろ試せるのはやっぱりITならではなのかもしれないですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/58-c30276b3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。