スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その悪意の根源は(悪意) 

ミステリーの用語として、「フーダニット」、「ホワイダニット」、「ハウダニット」という言葉があります。
おそらく、"Who Done It?"とかって書くのが語源でしょう。

いわゆるミステリのテーマの分類用語で、順に「誰がやった(犯人当て)」、「どうしてやった(動機当て)」、「どうやった(方法当て)」という意味です。

で、今回はフーダニットとホワイダニット(特にホワイダニット)をたっぷり盛り込んだお話のご紹介。

東野圭吾作「悪意」です。

白状してしまえば、僕は東野圭吾作品はたいがい好きなので、多少の色眼鏡は入ってしまっているとは思いますが。

久しぶりに鳥肌が立ちました。
人間の心の暗さと、レトリックの複雑さに。

ええ。マジ、すげえ。

フーダニットの部分はわりと予想がつくんです。でも、その後の動機部分のところについては完璧にだまされた。
この人の文章には一行とて無駄な部分がなかったんだな、と最後の行まで読み進んだところで愕然としました。
この人の頭の中はどうなってるんだろう。と真剣に思いましたね。

余談ですが、個人的には加賀刑事がお気に入りです。
あの推理力・洞察力とかで、探偵じゃないところが現実っぽくていいですね。
ついでに今住んでるところの警察署にいる設定なのも個人的に親近感あってマルです。笑。

悪意
悪意東野 圭吾

おすすめ平均
stars犯人の動機は?
stars面白い試み
stars仕掛けがたくさんだが
stars期待すると。。
starsうーん・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/57-86f2737d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。