スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優先順位はどちら? 

久しぶりに友人とスカイプやりました。
社会人になったばかりの友と、同じ二年目なのに僕より5段階くらい上乗せして忙しそうな友と。

その過程で出た話をいろいろまとめて振り返って再構築したとき。

仕事の価値観て人によってばらばらだよね。

というのが、僕の中でまとまりました。

ま、当たり前っちゃー当たり前ですが。
特に「お金」と「仕事」をめぐる価値観はずいぶんと違うのではないかな、と。
と、いうわけで、今回はそんなこと。

社会に出てみて、この「お金」と「仕事」に対する価値観というのは、(とんでもなくざっくばらんに見ると)二つのベクトルに分かれるんじゃないかなぁ、と思います。

ひとつは、仕事の対価としてお金を得ることが大切、という価値観。
目的は「仕事」にあって、その結果として「お金」というものが手に入る。
そして、お金が多くあるというなら、自分の仕事が評価された結果だろう、というもの。

もうひとつが、お金を得ることが大切でその過程として仕事がある、という価値観。
目的は「お金」であって、(おそらくきちんと理に適ったもの・もしくは自分の納得のいくものであれば)「仕事」はずっと一緒のものでなくてもいいだろう、というもの。

実際、社会に出て働いてみると、お金というものはそんなあっという間に貯まるものではないし、まして一人暮らしなんてしようものなら、自分の思いのままになるお金なんてそんなにあるものじゃない。

そこで、「お金をいかに増やすか」って考え方が出てきたんじゃないかと思うんです。

すなわち。
たとえば、「起業してお金を増やす」パターンと「株などに投資してお金を増やす」パターンのように。

おそらく、前者が最初で言うところの「仕事→お金」の価値観的アプローチで、後者が「お金→仕事」の価値観的アプローチとでも言えばいいでしょうか。

そう思って会社で株を売っただの買っただのの話がしきりに出てくるのを聞いていると、やっぱりこれは「お金→仕事」的な考え方なんだろうなぁ、と思うのです。

で、かく言う自分はmixiやはてなの社長が何かしたって話のほうが好きです。うん。わりと起業志向かもと最近思い始めました。アイディアないけど。

「お金はご飯と一緒。多すぎても動けなくなるし、ちょうどいいくらいの量があればいい」。

……なんだか、一旗挙げてやるぜ、て凍狂に上京してきたバンドメンとダブることもないこともないけれど、ユメは持ってナンボ、諦めないでナンボだと、今はまだ思うわけです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/41-af53e26b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。