スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きたいように書けばいい、って 

書くことについて。

なんだかいろんなブログやら何やらでちょいちょい見かけたので、僕も僕なりで何か書いてみようかと思います。
実際どこでそんなテーマの記事を読んだのかすべては思い出せそうにないので、特定のどこかに対して何かリンクを貼ってみたりとか、そういうことはしないでおくことにします。


注)ここから珍しくちょっと長いのでご注意ください。


元々潜在的には相当数いたのかもしれないけれど、日記を書く人が増えたように感じるのは僕だけでしょうか。

古くはテキストサイトから、新しくはブログ・SNSに至るまでを考えると、そんな気がします。
かくいう僕も、テキストサイトなるものを運営した過去もあるし、実際自分の考えやら何やらを文字として残すようになったのは、インターネットが普及してからのような気がします。

そういう、何かを書こうと思う人が増えた経緯もあって、書きたいように書くことがどうこう、とかのテーマが話題になるんだろうなぁ、と分析してみたりするわけです。

さて、前フリはここまでとして。

書きたいことを書く、ということ。
これは難しいのか、それともそうでもないのか。

やっぱりこれは定義によりけりですかね。
なんで、僕としてはどちらでもある、と考えています。
(激しく曖昧でごめんなさい)

まずは難しい場合から。
これは「書きたいことを書く」の前に、「自分のスタイルで」とか、「自分の思ったことが正確に伝わるように」とか、そういうのがつく場合でしょうね。
これは難しい。というか、完全には無理。
素晴らしく豊富な語彙を持っていて、誰かと意思疎通をしたとき、一度も誤解されたことがない、なんて、そういう人なら話は別かもしれませんけど、僕の書くような文章だと、おそらく何割かには見事に誤解されることでしょう。

実際、日記ではないけれど、日常の仕事のメールやら障害要望やらでさえそうなのだから、自分の考えなんて、相当の努力や推敲を施さないと理解されないような気がします。

なので、書きたいことを書くことは、難しい。

一方で、簡単な場合。
難しい場合の逆ですかね。
頭の中に浮かんだことを頭の中で浮かんだままに書く。
それですでに書きたいことを書く、になっているように思います。
論理性も何もないことも多いだろうけど、少なくとも本人にはストレスもないだろうし、別にそうやって書くだけでかまわないのなら、相当幼い子供だってやれるような気がします。

なので、書きたいことを書くことは、(その気になれば)簡単。

結局のところ、書きたいことを書くことができない、というのに悩むのは、書くことを通して、相手に何か伝える、という意思をどの程度考えているかによりけりな気がします。

そんなわけで、個人的には書きたいことを書けているように見える人っていうのは、どのくらいまで伝わるように書くのかの線引きを自分の中で作った人、のように思っています。

言い換えてみれば、読み手の誤解も受け入れる腹が決まっている上で、書いている人とでもなるでしょうか。

「こういう風に書くと、ああいう方面から何か言われるのではないか」「ああいう風に書くと、こういう方向からあおられるんじゃないか」なんて考えながら書いたとして。

それは結局、相手におもねる書き方であって、自分の考えというものをどんどん密度を薄くしてしまうようなやり方のような気がして仕方ありません。
自分に関して言えば、相手にはウケても、自分が本当に書きたかったことなのかと問われたら、答えに詰まってしまいそうな気がします。

書きたいように書く、というのは単純に自由にやっているように見える反面、度量とか胆力とか人間的な器も試されているように、僕は思います。

スポンサーサイト

コメント

同感です

最後の1文でばっちりですね(笑)
僕もそうだと思います。

書くことはこっちでは結構ホットでしたよ。

個人的に「まだ全然だめだ」という人は嫌いじゃないし、自分もそういうタイプですけど、
でもそれと「自分をきっちり受け入れている」とか「自分の書くものの誤解される可能性を肯定する」とかって、
別のことだと思ってます。

さあ、何を言いたいか分からなくなってきたので、とりあえず逃げます(笑)

hirohiroさん、コメントどうもです☆
ホットだったってことは、きっとhirohiroさんの記事も読んでたのではなかろうかと思います(笑)

いつの間にか、話題が書きたいことを書けているように「思える」人から、書きたいことを書けているように「見える」人の話に飛んでいました。

書きたいことを書けているように「思える」ようになりたいって場合は確かに別次元の問題ですね(^^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/33-8b2135a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。