スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二律背反 

踏みつけた者は、自分が誰かを踏みつけたことなどすぐに忘れる。
踏みつけられた者は、自分が踏みつけられた事実はずっと忘れない。

ひとつの真理だと思います。

どんなに些細なことだったかもしれないけれど、
受けた当人にとってはどうにも無視できない苦痛だったりすることだった、
なんてことが少なからずあるわけです。

そして、受けた本人としてもそろそろ忘れてやりたいと思っても、
どうしても思い出さないではいられないわけです。

こういう人たちと人間関係を続けなくてはならないのはつらいですね。
許したいけど許せない、みたいな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/31-47c28abd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。