スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いくつもの世界 

僕が尊敬する人について問われたら、まずは「いろいろな世界を持っている人」と答えようと思っている。

まぁ、誰も聞いてこないだろうから勝手にしゃべるのだけどさ。

具体的に言うと、と言われると、有名人でそんな人知らないから、答えに窮してしまうのだけど、強いてあげるなら、自分の友人、ということになるのかもしれない。

いろいろな世界、というのは、自分の会社とかだけに留まらず、いろんな会社、いろんな分野、いろんなカテゴリ、そんなものだ。

そういうと、要するに人脈、と思われそうなんだけど、人脈だとなんだかしっくりこない。

いろんな場面ごとに知り合いを持っているとともに、いろんな業界に首を突っ込んでいる、そんな感じだろうか。

IT業界もいいけど、音楽業界も詳しいよ、とか。

多分そんな人だろう。

おそらく彼らは世界をひとつしか知らない人なんかよりも、いろんなものの見方ができて、思いもよらない場所から物事をつなげて考えたりとか、そういうことができるような気がする。

けれど、自分にそんな時間はあるようでないから、いろんな世界で生きる人の話には耳を傾けたいと思っている。
そうすれば、世界はひとつでは終わらないはずだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/29-eb4b3069

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。