スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立場の変化 

昨日今日と、自分の会社のプレセミナーで就職活動生相手にしゃべる、という経験をさせてもらいました。
今回はその話でもしようかと思います。

早くもですけど、もう2年前になります。
今回のような感じで、社員の方の話を聞いたことがあります。
そのときは、向こう側にいる人は、当時の自分よりもはるか先を歩いている人で、自分がこうなろうとするには、まだまだ時間がかかるんだろうなぁ、という程度に思っていました。

それが、気がつけば、逆の立場。

時間が経つのはとても早いと思うと同時に、まさかそういう立場に立たされるなんて、と半々の思いでした。

あのとき遠くに見えていた高くはっきりした壁のようなものは、時間が経ってみると、意外とあやふやな境界線であるかのような感覚がします。
どうやったらああなれるのだろう、と考えてみたところで答えなんてなくて、答えの出ないまま考えているうちに、気がついたら同じような場所に立っていた、そんな感覚を覚えました。

振り返って、精神面で自分は成長したなぁ、なんてしみじみ思うようなことは今までなかったような気がするのですが、話を聞いていた側から見れば、やっぱり遠くを歩いているように見えたのでしょうか。

自分の中でもまだまだ拙いと思っていた話でも、彼らに何らかのプラスの影響をもたらせていたのなら、幸いだと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katawara.blog15.fc2.com/tb.php/21-643a3a8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。