スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのターン。 

一年が経とうとしています。
もう数日のレベルで、一個下の後輩たちが入ってきます。
自分たちについていた「新人」というラベルがぺらっとはがされて、彼らに継承されるのかと思うと、なんとも感慨深いものがあります。

思えば、今年はずいぶん受け身なことが多かったなぁ、と思います。
研修にしても、仕事にしても、アサインされたものをうまくこなしていくことがほとんどで。
どうにか成果をあげることに追われたような気がします。

でも、そろそろそれもどうにかしないと。

この仕事やっといてー! はーい! ではなく。
この仕事やっときましたー! て言えるような。

仕事を受ける姿勢から、先回りして見つけてこなしとくくらいの姿勢へ。

仕事するに当たって、何が必要なのか、何をやろうか、という嗅覚を。

来るべき二年目からの課題は、仕事上の守りから攻めへの転換ですかね。

そろそろ、ぼくが動くターン、でしょ?
最近の心の中の合言葉です。

スポンサーサイト

読力向上? 

お、自分変わったなぁ、としみじみ思うこと。

それは新書を読めるようになったということ。
はい、そこ、笑わない。

社会人になるまでは、読み出すたびに瞬時に眠りに落ちるというスキルを発揮しまくりだったので、読むのにやたら時間がかかってたんですけれど、なんだか最近はまとまった時間があれば、一気に読めたりもするようになったのですよ。

わかりづらい論理にもついていく力でもついたのでしょうか。
単純に興味のあるネタだから読めてるだけなのでしょうか。

小説はざくざく読めてるし、読み終えた本でも紹介するコーナーとか作ってみようかと思う、最近です。

時間の使い方がヘタです。 

やりたいことひとつ、やろうにもなかなか前に進めない状況なので、今週は一回休みで。

神は今、自由には動けない……、なんてつぶやきたくなります。

律 

社会人になって、早くももうすぐ一年。

で、一年経って、何か変わったかなぁ、と思って、いろいろ考えてみたところ、とりあえずひとつ。

自分の言葉に責任を持つようになったかな、と。

学生の時分は有言不実行な人間だったのですが、
社会人になってからというもの、
言葉に出したら、結果を出さなけりゃ話にならない。
自分の口から言葉として出した以上は、まずは行動するということを覚えたように思います。

あえて口にすることで、自分を縛るとか律するとか言ったところでしょうか。

自縄自縛にならない程度に自主自律。
どこぞの校風みたいですけど、そんな感じです。

というわけで、ここでもひとつ言葉にしてみます。

ワタクシ、今月中にお引越しします。

インターネットの解約うんぬんとかのこともあるので、後半唐突に更新が途絶えたら、そういうことだとお思いください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。