スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きたいように書けばいい、って 

書くことについて。

なんだかいろんなブログやら何やらでちょいちょい見かけたので、僕も僕なりで何か書いてみようかと思います。
実際どこでそんなテーマの記事を読んだのかすべては思い出せそうにないので、特定のどこかに対して何かリンクを貼ってみたりとか、そういうことはしないでおくことにします。


注)ここから珍しくちょっと長いのでご注意ください。


元々潜在的には相当数いたのかもしれないけれど、日記を書く人が増えたように感じるのは僕だけでしょうか。

古くはテキストサイトから、新しくはブログ・SNSに至るまでを考えると、そんな気がします。
かくいう僕も、テキストサイトなるものを運営した過去もあるし、実際自分の考えやら何やらを文字として残すようになったのは、インターネットが普及してからのような気がします。

そういう、何かを書こうと思う人が増えた経緯もあって、書きたいように書くことがどうこう、とかのテーマが話題になるんだろうなぁ、と分析してみたりするわけです。

さて、前フリはここまでとして。

書きたいことを書く、ということ。
これは難しいのか、それともそうでもないのか。

やっぱりこれは定義によりけりですかね。
なんで、僕としてはどちらでもある、と考えています。
(激しく曖昧でごめんなさい)

まずは難しい場合から。
これは「書きたいことを書く」の前に、「自分のスタイルで」とか、「自分の思ったことが正確に伝わるように」とか、そういうのがつく場合でしょうね。
これは難しい。というか、完全には無理。
素晴らしく豊富な語彙を持っていて、誰かと意思疎通をしたとき、一度も誤解されたことがない、なんて、そういう人なら話は別かもしれませんけど、僕の書くような文章だと、おそらく何割かには見事に誤解されることでしょう。

実際、日記ではないけれど、日常の仕事のメールやら障害要望やらでさえそうなのだから、自分の考えなんて、相当の努力や推敲を施さないと理解されないような気がします。

なので、書きたいことを書くことは、難しい。

一方で、簡単な場合。
難しい場合の逆ですかね。
頭の中に浮かんだことを頭の中で浮かんだままに書く。
それですでに書きたいことを書く、になっているように思います。
論理性も何もないことも多いだろうけど、少なくとも本人にはストレスもないだろうし、別にそうやって書くだけでかまわないのなら、相当幼い子供だってやれるような気がします。

なので、書きたいことを書くことは、(その気になれば)簡単。

結局のところ、書きたいことを書くことができない、というのに悩むのは、書くことを通して、相手に何か伝える、という意思をどの程度考えているかによりけりな気がします。

そんなわけで、個人的には書きたいことを書けているように見える人っていうのは、どのくらいまで伝わるように書くのかの線引きを自分の中で作った人、のように思っています。

言い換えてみれば、読み手の誤解も受け入れる腹が決まっている上で、書いている人とでもなるでしょうか。

「こういう風に書くと、ああいう方面から何か言われるのではないか」「ああいう風に書くと、こういう方向からあおられるんじゃないか」なんて考えながら書いたとして。

それは結局、相手におもねる書き方であって、自分の考えというものをどんどん密度を薄くしてしまうようなやり方のような気がして仕方ありません。
自分に関して言えば、相手にはウケても、自分が本当に書きたかったことなのかと問われたら、答えに詰まってしまいそうな気がします。

書きたいように書く、というのは単純に自由にやっているように見える反面、度量とか胆力とか人間的な器も試されているように、僕は思います。

スポンサーサイト

外へ。 

ここのとこ、仕事が忙しい。
対岸の火事が見事にこっちにやってきた、というところですか。

業界的に見れば、別にたいしたほどでもない気もしますが、
それでも、個人としては忙しくなった、と感じます。

まぁ、それはさておき。

忙しくなればなるほど、大事だと感じるのは時間の管理。
とりわけ休みの時間の使い方というのは、かなり考えなきゃいけないと思います。

今さらにも程のあることですが、
社会人の休みってのは、(普通は)週2日なわけで。
その2日をいかに使うかってことが
その人のいろいろに影響してくるのだろうと思います。

それで振り返ってみると、
自分の過ごし方ってのはあまりにも無為に過ぎる。

休みが平日と土日のどっちか一日ずつということもあり、
いつも半日くらいは睡眠で過ぎてしまう。

言ってみれば、文字通りの休みにしか休みを使っていないわけです。

どう過ごしても休みは休みで、各々ほぼ同じくらいの時間しかない。
それをどう過ごすかは個人次第。

たまには休むのも大事だけど、
何らかの経験に出会うのも休みならでは。

ただでさえ、建物の中でデスクワークが多いのだから、
休みはふらっと出歩くくらいがちょうどいいのかもしれない。

二律背反 

踏みつけた者は、自分が誰かを踏みつけたことなどすぐに忘れる。
踏みつけられた者は、自分が踏みつけられた事実はずっと忘れない。

ひとつの真理だと思います。

どんなに些細なことだったかもしれないけれど、
受けた当人にとってはどうにも無視できない苦痛だったりすることだった、
なんてことが少なからずあるわけです。

そして、受けた本人としてもそろそろ忘れてやりたいと思っても、
どうしても思い出さないではいられないわけです。

こういう人たちと人間関係を続けなくてはならないのはつらいですね。
許したいけど許せない、みたいな。

今週のブクマ(20060202) 

それじゃあ、今週はweb2.0特集ということで。

【動画・FLASH類】
EPIC 2014
 音ありです。インターネットの未来、なのかな。Googleが見ている未来って、面白いというかやりすぎというか……。でも、映像としてはカッコいい。

【テクニカル系】
flickr
 「フリッカー」と読みます。写真画像の共有ができます。

YouTube
 こちらは動画が共有できます。

Instructables
 こちらは料理からメカニカルなところまでカバーする何かの作り方共有。

del.icio.us
 こちらはブックマークの共有。いわゆるソーシャルブックマークサービスですね。

wikipedia
 百科事典を共有する感覚の辞書サイト。

GoogleMap(Googleローカル)
 地図です。これを使ったサービス、最近増えてきてます。

newsmap
 世界のニュースで一番注目されてるものは何か、というのをあたかも新聞のベタ(記事の面積)の大きさ順のように示してくれます。

基本的には、Googleのラボでやってることや、はてなのサービスなんかがweb2.0的らしいです。

興味をお持ちになったらぜひこれらのサービスを一度お試しあれ。

いくつもの世界 

僕が尊敬する人について問われたら、まずは「いろいろな世界を持っている人」と答えようと思っている。

まぁ、誰も聞いてこないだろうから勝手にしゃべるのだけどさ。

具体的に言うと、と言われると、有名人でそんな人知らないから、答えに窮してしまうのだけど、強いてあげるなら、自分の友人、ということになるのかもしれない。

いろいろな世界、というのは、自分の会社とかだけに留まらず、いろんな会社、いろんな分野、いろんなカテゴリ、そんなものだ。

そういうと、要するに人脈、と思われそうなんだけど、人脈だとなんだかしっくりこない。

いろんな場面ごとに知り合いを持っているとともに、いろんな業界に首を突っ込んでいる、そんな感じだろうか。

IT業界もいいけど、音楽業界も詳しいよ、とか。

多分そんな人だろう。

おそらく彼らは世界をひとつしか知らない人なんかよりも、いろんなものの見方ができて、思いもよらない場所から物事をつなげて考えたりとか、そういうことができるような気がする。

けれど、自分にそんな時間はあるようでないから、いろんな世界で生きる人の話には耳を傾けたいと思っている。
そうすれば、世界はひとつでは終わらないはずだ。

web2.0って。 

「web2.0」。

最近、IT、特にweb系の仕事に携わっている人の中でちょっと話題に上り始めている言葉のようです。

いざ、実際にこれが何なのかって調べてみると、調べてみるほど、定義が曖昧だとかなんだとか。。。
ロングテールとか、フォークソノミーとか、わかるようなわからないような言葉で埋まってたりとか。。。

そんなわけで、僕なりに解釈したweb2.0でも語ってみようかと思います。

題して、
「誰でもわかる(?)web2.0」!

えー。こほん。

それではまず、最初に事例のほうからいくつかリンクをしておきましょう。
具体的なものを見たほうがわかりやすいはずですし。

例1)GoogleMap
これは最近いろんなサービスに入り始めてますね。左上のカーソルをごりごり動かすことで、全世界の地図が見られます。

例2)flickr
誰かが撮った写真を検索・閲覧できるサービスです。英語のサービスですけど、ためしに下の「Find a photo of...」のところに「dog」とか入れて検索してみてください。

例3)wikipedia
これも有名ですかね。一度は単語の検索とかで引っかかったことのあるのではないでしょうか。

例4)newsmap
英語でよくわかりにくいかもですが、とりあえず画面の「LAUNCH」を押してみましょう。すると、世界のニュースを注目されている順に文字の大きさにして表示してくれます。

ほかにも、Amazonのレビューサービスや、mixi、さらにはブログそのものなんかも「web2.0的な」代表例だそうです。

どんなものか大体わかってきました?

要するに、です。

web2.0っていうのは、技術的というよりは概念的な言葉です。

具体的には、
・サービスを与える側は、そのサービスのための場所とその管理人を用意し、サービスを受ける側が中心になって、そのサービスのためのコンテンツを提供する
・今までの「見る」こと中心だったwebが、「見るだけでなく創り上げる」こともできるようwebになる。
・そのサービスを構築するのは、個人や一企業ではなく、ネットを利用するみんなである。
・基本的に誰かがそのサービスを利用したり流用したりして、さらに新しいサービスを作ることも可能

と、いうことなのでしょう。

そんなweb2.0的な世界に突入していくと、インターネットの未来は、それはもういろいろ変わることでしょう。
ネットを使ったビジネスだって新しいモデルが出てくるでしょうし、ネット自体との距離感とてぐっと近づく可能性が高くなるでしょう。

おそらく、ものすごく便利なものになるか。ものすごく最悪なものになるか。
そのどちらかになると、個人的には踏んでおります。

さて。
いかがだったでしょう。

ひとまず、僕なりの解説はここまでにしておこうと思います。
何かこちらの言葉が至らずに、疑問等がありましたらコメント欄にでもお気軽にどうぞ。

なお、今回、主に参考にさせていただいたページはこちら、およびその中の参考リンク多数になります。お礼の意味もかねてトラックバックさせていただきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。