スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FINAL FANTASY 3 

「FFシリーズ」といえば、代表作って何でしょうかね。

ぶっちゃけてしまえば、オンラインゲームだったものを除けば全部やったことがあるのですが、個人的には4・5・6辺りのスーファミ時代が好きですね。
ストーリー、話自体の長さ、ゲームとしてのシステムとか、今でもうまくできてたなぁ、と思ったりします。

んですが、今回はそれらの前作に当たる、Nintendo DSでリメイクされたFF3の話です。

ファミコン版もやったことのある世代としてはですね。
非常に懐かしいけれど、果たしてどのくらい昔のものが踏襲されているのか、そもそも別物なんじゃないか、とか危惧してしまうわけです。

ガルーダ対全員で竜騎士ジャンプとか。
たまねぎ剣士のオニオン装備とか。
忍者と賢者が最後はいればいい的なバランス破壊っぷりとか。
ラスボスのはどうほうとか、ラスボスに行くまでにやたら出てくるメテオ大好きなボスとの連戦とか。
ポーション99個のウラワザとか。

ホント知らない人にはまったくわからないようなレベルでお話してますけど、今となってはあの難易度も懐かしいわけです。

…と、妙に脱線してしまいましたけど。

今回のこれに関しては、なかなかうまーくリメイクされていたようです。

主人公4人にはそれなりにキャラ付けがなされ。
全体的に役立たずがいなくなるようにバランス調整され。
元がファミコンであるわりに、今でも十分楽しめるような形に仕上がっていたのは高評価です。

当時より若干難易度が甘くなってるような気はしますが、それでも今のシリーズに比べればちょっと手厳しめで、当時を当時のままにしようとした、という姿勢として評価してもいいかな、って気がします。

余談ですが、僕は、最終的には忍者・ナイト・導師・吟遊詩人のパーティ編成でした。
パーティ編成でも、今回は性格が出そうでしたね。

ファイナルファンタジーIII
ファイナルファンタジーIII
スクウェア・エニックス 2006-08-24
売り上げランキング : 7

おすすめ平均 star
star初めてのFF3
star初心者でも楽しめる良作。
star買って損はしないと思う

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

chronon 

chronon_start


久しぶりに脱出ゲームの攻略なぞやってみようと思います。

今回のゲームの名は「chronon」。
「GROW CUBE」とかのシリーズを作ってる作者さまのものです。

ちょっとルールが複雑なので、今回は作者さまのブログでのルール説明の記事(かなりの意訳があると思いますが)も引きつつご紹介します。


このゲームの目的は、黄色いドワーフを画面中央の檻から逃がすことです。
家の主が戻ってくるのは午後7時(19:00)。
それまでに家のモノを動かしたり組み合わせたりして檻から逃がしてあげてください。



というもの。

なのですが、今回難しい要素になってるのが「時間」という軸。
たとえば、鍋に調味料や小麦粉といった材料を適当な時間(たとえば9時)に入れました。そして、次の時間(たとえば12時)になると、その鍋に材料が入った状態になる、という仕組み。
なので、この時間という枠を気にしつつ、モノを組み合わせたり動かしたりして、脱出を図るというのがこのゲームのミソになるわけです。

そんなわけで、前置きが長くなりました。
脱出までの道のりと脱出時のスクリーンショットについては「続きを読む」でどうぞ。

続きを読む

GROW CUBE 

grow_cube.jpg


前回ご紹介したGROW RPGの続編。

やり方はドラッグからクリックに変わりましたが、基本ルールは変わっていないです。
こちらもかわいらしいけれど、なんとなく前回よりも難しい気がするのは僕だけでしょうか。
だいぶ時間がかかってしまいました。

URL:http://www.eyezmaze.com/grow/cube/index.html

↓こちらも前回同様、攻略は以下に。


今回も左上→右下の順序でオブジェクトの名称を
「骨」「水」「玉」「皿」「種」
「鉢」「チューブ」「バネ」「人」「炎」
としておきます。

配置の順序は
人 → 水 → 種 → チューブ → 鉢 → 炎 → 皿 → 骨 → バネ → 玉
という順番。

いちおう、最後のバネと玉は逆にしてもいいらしいです。

種は早いうちに育てるっていうのが、今回の主なポイントでしょうかね。

TheHOUSE 

the_room.jpg


夏といえば、暑い。
暑いといえば、涼しくなりたい。
涼しくなりたいなら、怖い話だろう?

ということで、今回は、最近あちこちでちらちら見かけるFLASH、「TheHOUSE」(音あり)をご紹介。

URL:http://members.thai.net/sinthai/room.htm

画像でもほとんど黒一色ですが、実際の画面もかなり真っ暗です。
そして、今にも何か起こりそうな音楽が怖いムードを誘います。

さて、ゲーム自体は、単純にクリックできるところをカチカチしていけばいいだけなので、それほど難しくはありません。
その分だけ、押した瞬間に現れる衝撃的な画像にびくっと来るので、バランスとしては絶妙、と言った所でしょうか。

正直なところ、音のある状態だと最後までやる気が持ちません。
怖いもの見たさの気持ちはあるけど、怖すぎるのもちょっと……、という方は、スピーカーをOFFにすれば少しは恐怖感が軽減されるんじゃないでしょうか。

思ったより心臓の弱かった僕としては、夜中の部屋に一人きりでは決してやるべきじゃない代物でした、というのが感想です。

GROW RPG 

GROWRPG


最近ネット上でちょっとだけ話題になっているみたいだったので、僕もちょっとやってみました。
ちなみに画像はさっきクリアした瞬間をおさえたものです。

URL:http://www.eyezmaze.com/grow/RPG/index.html

※アクセスが多いせいなのか、読み込みが妙に遅いときがありますのでご注意ください。

8つのオブジェクトをうまい具合の順序で配置していって、最終的にはRPGのようにラスボスを倒す、というのがこのゲームの趣旨です。
順序によってはほとんど進まないまま終わってしまったりして、結構面白かったです。

難易度としては、時間があればほぼクリアできるんじゃないか、といったところ。
もし、「ヒントくらいほしい」or「時間がないから手っ取り早く答えが知りたい」って人のために、僕がクリアした手順を残してみようかと思います。

↓以下、ドラッグかCtrl+Aでどうぞ。

左右に4つずつ配置された8つのそれぞれのオブジェクトの名称を、左上~右下の順で
「森」「ほこら」「街」「岩」
「宝箱」「城」「海」「塔」
と仮に呼称します。

配置する順序は
街 → 森 → 城 → 海 → 塔 → 岩 → 宝箱 → ほこら
の順。

3ターン目に海を作らないと、塔が沈んでアイテムが取れなくなります。
2ターン目までに森を置いておかないと、レベルアップがMAXになりません。

もしかするとほかの順序もあるのかもしれませんが、僕が知る限りではこの順序一択でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。